天井に向けたアッパーライト

  • 2009.01.20 Tuesday
  • 12:46


昨年より販売されました『カルア・ド・ヴェール』のリーフとブロッサムのキャスティングモールドを使って天井に向けたアッパーライトを作らせて頂きました。

カルア・ド・ヴェールは電気炉で焼いて行く事により、葉の葉脈等の立体感が出て来て和風や洋風のどちらにも合うような雰囲気が出ててなんとも言えないですね。また表現方法の幅が広がったような気がしました。

天井に取付ける時のレセプタクルという引っ掛けシーリング対応の部品は凄く便利ですね。
カチッと回すと簡単に取付けが出来るので、また3kg〜5kgまでの重さの耐久性があると引っ掛けシーリングのホームページに書いてありました。なおかつブロンズ色のシンプルなデザインなのでランプをぐっと引き立たせてくれるような気がしました。
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM